昭和30年当時の写真です
当時はフォークリフトなどの機械がありませんので、すべて人力で巨木の積み下ろしを行っておりました。








昭和37年(1962年)5月3日
現在の天皇皇后両陛下がご来県された際に、当店の碁盤と将棋盤をご覧頂きました。また、夜には宿舎のホテルにて、御使用になられ、それ以来店の宝となり、現在はすばらしい飴色の艶が出て、店に飾ってあります。



昭和40年代、宮崎駅前(高千穂通り)にありました

平成11年(1999年)3月16日
第144号、宮崎県伝統工芸士に店主(小村典生)が認定されました。当店の職人(藤田尚美)が第1号でしたので、二人の伝統工芸士誕生となりました。その際に宮崎日日新聞に取り上げて頂きました。

認定式後、宮崎県知事と話す店主(小村典生)

「YANASE LIFE 2002.1号」に掲載されました
2001.11に取材に来られました。二日間に渡って撮影して頂き、希少となった伝統工芸に深く興味を持っていただきました。






平成14年2月25日
第27期 棋王戦(新潟グランドホテル)
棋王、羽生善治 対 挑戦者、佐藤康光にて当店の盤が使用されました。

撮影:板谷氏